ー学会発表ー

分子神経科学研究室における研究成果の発表状況として国際・国内学会発表を掲載しています。

2004年(平成16年)以前の生体高次機能学研究室のものについては当研究室にお問い合わせください。 2005年(平成17年度)以降、2014年(平成26年)までの脳神経機能学研究室のものを閲覧したい方は閲覧したい年を下記よりお選びください。 このページには2015年(平成27年)〜 2016年(平成28年)のものを掲載してあります。




2016年(平成28年)国際学会発表

  1. Manabu Makinodan1, Daisuke Ikawa, Yuki Miyamoto, Junji Yamauchi, Kazuhiko Yamamuro, Yasunori Yamashita, Michihiro Toritsuka, Sohei Kimoto, Kazuki Okumura, Takahira Yamauchi, Shin-ichi Fukami, Hiroki Yoshino, Akio Wanaka, Toshifumi Kishimoto. Social experience changes remyelination through interleukin-6 in a mouse model of multiple sclerosis. International College of Neuropsychopharmacology World Congress July 2016, Soul, South Korea
  2. Seki, Y., Dweck, HKM., Rybak, J., Wicher, D., Sachse, S., Hansson, BS. Olfactory representation from the periphery to higher brain centres in Drosophila melanogaster, ISOT 2016 (17th International Symposium for Olfaction and Taste), 2016/6, Yokohama, Japan
  3. Y. Kano, Y., Kobayashi, T., Minezumi, H., Miyakawa H., Inoue M., Simultaneous recording of multiple single-fiber activities in the chorda tympani nerve with a stereotrode method. 17th International Symposium on Olfaction and Taste (ISOT2016) 2016/6, Yokohama, Japan


2016年(平成28年)国内学会発表

  1. 宮本 幸、山内淳司,中枢有髄神経の形成を負に制御する分子Rab35と、その創薬標的としての可能性. 第59回日本神経化学会大会, 2016/9, 福岡
  2. 宮本 幸、山内淳司, Tyro3 receptor and the binding partner Fyn promotes PNS myelination(シンポジウム:企画/座長 大野伸彦、山内淳司)第39回 日本神経科学会大会, 2016/7, 横浜
  3. 牧之段学、山室和彦、芳野浩樹、井川大輔、山下泰徳、宮本 幸、山内淳司、岸本年史, Social experience-dependent glia development in the medial prefrontal cortex related to autism spectrum disorder.(シンポジウム)第39回 日本神経科学会大会, 2016/7, 横浜
  4. 宮本 幸、山内淳司, 神経細胞からシュワン細胞へのシグナルによるミエリン形成(ワークショップ:座長 緒方 徹、三五一憲、板東良雄、山内淳司、他2名),日本ミエリン研究会, 2016/7,横浜
  5. 齊藤百合花、大野伸彦、山内淳司、寺田信生, 膜骨格蛋白4.1G欠損マウスにおける末梢神経障害の検討(ワークショップ:座長 緒方 徹、三五一憲、板東良雄、山内淳司、他2名),日本ミエリン研究会, 2016/7, 横浜
  6. Okuri, K., Sugimoto, K., Innami, K., Aonishi, T., Miyakawa, H., Morimoto, T. Development of Arduino-based device measuring optomotor response to elucidate neural mechanisms underlying complex visual perception in Drosophila. 第39回日本神経科学大会、2016/7,横浜
  7. Sugimoto, K., Suzuki, Y., Aonishi, T., Morimoto T. A study on Dopaminergic modulation in optomotor response of Drosophila. 第39回日本神経科学大会、2016/7,横浜
  8. 森本高子、松本悠太郎、鈴木未来、清水彰、宮川博義 ショウジョウバエを用いた精神疾患モデル開発とその応用 第59回日本神経化学会、2016/9、福岡
  9. 森本高子、ショウジョウバエCenG1Aの機能解析:精神疾患モデルは可能か 第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  10. 関洋一、ショウジョウバエを用いた色覚情報処理機構の解明 第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  11. 大栗康平、複雑な視覚認知の神経メカニズム解明を目的とするArdunoを用いた装置開発 第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  12. 渋谷朋子、第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  13. 杉本健太郎、第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  14. 米倉太郎、ショウジョウバエ中枢神経系における色覚生成機構解明への電気生理学的・解剖学的アプローチ 第9回分子高次脳機能研究会、2016/8, 豊橋
  15. 米倉太郎, 森本高子, 関洋一, Chromatic information processing in the central nervous system of Drosophila melanogaster, 第38回日本比較生理生化学会, 2016/9, 東京


2015年(平成27年)国際学会発表

  1. Suzuki,Y., Aonishi,T., Seki,Y., Miyakawa,H. and Morimoto,T. Robust encoding the outside world in a tiny insect brain: neural basis of robust motion perception in Drosophila, Neuroethology: Behavior, Evolution & Neurobiology (Gordon Research Conference), 2015/6, Italy
  2. Suzuki,Y., Morimoto,T., Miyakawa,H. and Aonishi,T. How animals translate the normal gait pattern into the adaptive one when they are injured on legs: A neurophysiological approach using Drosophila melanogaster, 7th Int. Symposium on Adaptive Motion of Animal and Machines, 2015/6, Boston
  3. Morimoto,T., Shimizu,A., Kosugi,S., Miyakawa,H.Analysis of Cellular expression and function of Centaurin gamma 1A in Drosophila larvae. CSH meeting “NEUROBIOLOGY OF DROSOPHILA”、Cold Spring Harbor, 2015/10, ニューヨーク
  4. Seki, Y., Dweck, H.K., Rybak, J., Wicher, D., Sachse, S., Hansson, B.S. Olfactory representation from the periphery to higher brain centers in Drosophila melanogaster; ICCPB 2015 The 9th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry, 2015/8, Kraków, Poland,


2015年(平成27年)国内学会発表

  1. 中本竣,鈴木力憲,森本高子,宮川博義,青西亨,ショウジョウバエにおける視野闘争の理論研究 視覚系の安定構造解析,電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会,2015/6, 沖縄
  2. 森本高子、小杉紗紀子、清水彰、羽毛田聡子、鈴木崇之、宮川博義、ショウジョウバエ幼虫におけるcentaurin gamma1Aの発現部位の解析. 第67回日本細胞生物学会大会、2015/6, 東京
  3. 鈴木力憲,青西亨,宮川博義,森本高子,怪我バエにおける歩行パターンの適応的変化,第38回日本神経科学大会,2015/7, 神戸
  4. 森本高子、宮川博義、小杉紗紀子、清水彰Behavioral analysis of Drosophila larvae suppressed CenG1A function.  第38回日本神経科学大会,2015/7, 神戸
  5. 米倉太郎、宮川博義、森本高子、関洋一、ショウジョウバエ色覚処理機構の解明への電気生理学的アプローチ、第38回日本神経科学大会、 2015/ 7, 神戸
  6. 森本高子、ショウジョウバエCenG1Aの機能解析:精神疾患モデルは可能か 第8回分子高次脳機能研究会、2015/8, 金沢
  7. 鈴木力憲,池田英彬,関洋一,宮川博義,青西亨,森本高子,ショウジョウバエにおけるノイズ頑強な動き検知の神経基盤,第25回日本神経回路学会,2015/9,東京
  8. 中本竣,鈴木力憲,森本高子,宮川博義,青西亨,ショウジョウバエにおける視野闘争の理論研究,第25回日本神経回路学会,2015/9, 電気通信大学
  9. 峯岸比奈子、松下将大、土岡由季、田代裕美子、宮川博義、井上雅司 舌スライス標本中のマウス味蕾細胞の電気刺激に対する脱分極応答の解析 日本味と匂学会第49回大会 2015/9, 岐阜
  10. 官尾ゆい、宮川博義、井上雅司 高濃度塩溶液に対するマウス味神経応答へのアリルイソチオシアネートの効果 日本味と匂学会第49回大会 2015/9, 岐阜
  11. 大塚元瑛、印南賢弥、宮川博義、井上雅司 Arduinoを用いた任意の波形を出力できる電気味覚刺激装置の製作 日本味と匂学会第49回大会 2015/9, 岐阜
  12. Seki,Y., Mori,M., Misawa,M., Akimoto,K., Miyakawa,H., Morimoto,T. Exploring the structural principles of the brain by cataloguing 3D reconstructions of insect brains. The 40th Annual Meeting of the Japan Society for Comparative Endocrinology and The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry (CompBiol 2015), 2015/12, Hiroshima
  13. Yonekura,T., Miyakawa,H., Morimoto,T., Seki,Y. Electrophysiological and anatomical approaches to understanding color vision processing in Drosophila melanogaster. The 40th Annual Meeting of the Japan Society for Comparative Endocrinology and The 37th Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry (CompBiol 2015), 2015/12, Hiroshima
  14. Seki,Y., Mori,M., Misawa,M., Akimoto,K., Miyakawa,H., Morimoto,T, Exploring the structural principles of the brain by cataloguing 3D reconstructions of insect brains. INCF Japan Node International Workshop: Advances in Neuroinformatics 2015 (AINI 2015), 2015/11, Tokyo
  15. 尹永淑、石塚嵩志、藤川雄太、高橋滋、高橋勇二、森本高子、宮川博義、中根孝久、高野昭人、井上英史、PGC-1a プロモーターの活性を増大させ、ハンチントン病モデル生物の神経突起伸張を促進するピペリン類. 第136回日本薬学会、 2016/3, 横浜


Dept. of No 3 Reserch Bldg. 9, Tokyo University of Pharmacy & Life Science, 1432-1 Horinouchi, Hachioji, Tokyo Japan