ー研究内容、研究Projectー

 私たちの研究室では、神経系(脳や脊髄、感覚神経など)をターゲットとし、DNAやRNAを用いた基礎的研究法を発生工学や電気生理およびイメージング技術へと応用することで、

   @どのように神経系がつくられるのか
   Aどのように神経変性を改善できるのか

ということを探求しています。
  そのために、神経系の幹細胞(神経細胞やグリア細胞)や多能性幹細胞を用い、哺乳類(マウスやラット)や昆虫(ショウジョウバエ)をモデル動物として研究を進めています。


1. 試験管内で神経組織をつくることで、神経発生に関与する分子とそのメカニズムを明らかにする

○ まずは1種類の細胞を培養することから始め、
○ 研究に慣れてきたら、2種類以上の細胞を共培養し、
○ 試験管内で神経組織をつくることで、神経発生にかかわる分子を探索し、
○ さいごに、遺伝子改変マウスを用いて、その分子が発生に関与するか検証する。



2. 試験管内で神経の変性状態(脳や感覚神経の疾患)を模倣し、創薬標的分子を明らかにする

○ まずは試験管内で病態を模倣し、その創薬標的となる候補分子を見つけ
○ RNA干渉やゲノム編集でマウスを遺伝子改変し、インビボで検証を行う。



3. ショウジョウバエ微小脳を用いて神経回路形成・機能とその調節機構を明らかにする

○ 分子に注目して、その機能を細胞・個体レベルで解析する。
○ 神経回路に注目して、感覚情報処理過程とその修飾機構を解析する。
○ 行動に注目して、行動が制御される仕組みを解析する。
○ 精神疾患に注目して、その病態と薬物の影響を解析する。
○ 微小脳の多様性に注目して、脳の形成機構を解析する。
  → ショウジョウバエ研究のページへ



4. ラット・マウスを使って味を感じるしくみ、および細胞外電場の味覚や脳機能における役割を明らかにする。

○ マウスの舌にある味細胞の味物質に対する膜電位応答をイメージングする。味神経の発火活動を記録する。
○ 自在の波形の電場を生成できる装置を、Aruduinoを使って作製し、マウスやヒトの電場に対する味覚反応を計測する。飲料や食物の味を電場によって変えてみる。
○ ラット脳スライスに電場を負荷した時の、神経細胞の膜電位をイメージングする。
○ マウスの舌にある味細胞の味物質に対する膜電位応答をイメージングする。



Dept. of No 3 Reserch Bldg. 9, Tokyo University of Pharmacy & Life Science, 1432-1 Horinouchi, Hachioji, Tokyo Japan