食品科学研究室
本文へジャンプ
  Laboratory of Food Science and Technology本文へジャンプ 
   
   
   
 

 食品原料は様々な調理や加工などを経て変化し、食品として消費される形に変わっていきます。 そのような過程でどのような変化が起きているのか、またより価値のある素材にするためにはどのようにしたらよいのかを調べています。 食品物性や機能性を変化させるツールとして、微生物酵素や発酵技術を中心として研究を進めていきたいと思います。 また、未利用資源の食品としての有効活用や食品原料としての生物の基盤研究を通じた食資源確保への貢献も目標としていきたいと思います。 食品科学研究室では、これらの研究を通じて、食品領域での新たな価値の創造や、創造力豊かで広く社会に貢献できる人材育成を目標としています。

   
Keywords

食品加工
Food processing
自然酵母菌
Saccharomyces cerevisiae
微小甲殻類(ミジンコ)
Daphnia magna
 食品加工
 食品物性
 微生物酵素
 食資源

 
 花酵母、東薬酵母
 東薬大薬用植物園
 
スクリーニング
 発酵食品
 CRISPR/Cas9、RNA干渉法
 単為生殖、ヘモグロビン、シグナル伝達
 発生、進化、形態形成、生物多様性
 形質転換ミジンコ
カラスミ
魚卵内在性酵素の反応
パン
自然酵母の製パンへの活用
オオミジンコ
単為生殖卵をもった個体


研究内容:

1. 酵素による食品素材の機能改質
 高温域(70℃以上)で生育する高度好熱菌を含め微生物の産生する酵素による食品タンパク質の機能や特性の改質に関する研究を行います。分子間架橋や特異的分解等の解析や反応制御を検討し、新たな価値を提供する食品素材創出を目指します。

2.大学キャンパス内からの自然酵母菌の単離と発酵食品への応用
 都内最大規模の本学薬用植物園をはじめとするキャンパス内の植物から自然酵母菌をスクリーニングし、それらの性質や特徴を分子生物学的・生化学的に解析します。将来的に、単離した「東薬酵母」を用いた本学部発の発酵食品の開発を目指します。

3.微小甲殻類の遺伝子発現制御と多様性解析
 環境要因による微小甲殻類(ミジンコ、ブラインシュリンプ)の生殖サイクルの変化や胚発生時における遺伝子発現と機能の解析による形態の多様化メカニズムを研究します。生命の環境適応や形態進化の分子メカニズムの解明と、食資源としての甲殻類に関する基礎的知見取得を目指します。


スタッフ:
 教 授   熊澤 義之  Yoshiyuki Kumazawa, Ph.D.  kumazawa@toyaku.ac.jp
 准教授  時下 進一  Shin-ichi Tokishita, Ph.D.   shinichi@toyaku.ac.jp
 助 教  志賀 靖弘  Yasuhiro Shiga, Ph.D.  yshiga@toyaku.ac.jp

応用微生物学研究室2013~2017年度)、環境分子生物学研究室1994~2012年度)の旧ホームページは移動しました                                                → こちら 

問い合わせ先:
〒192-0392
東京都八王子市堀之内1432-1
Tel/Fax 042-676-7053
東京薬科大学 生命科学部 応用生命科学科
食品科学研究室

研究3号館 5階
フッターイメージ