大学院

  • 概要
  • 目的
  • 特徴
  • 入試概要
  • 履修内容

目的

学位授与の方針(デュプロマポリシー)

学位:修士(生命科学)、博士(生命科学)

研究科の基本理念・目標に沿った指導を定める期間に受け、所定の単位を取得し、かつ、所定年限内に行われる論文審査及び試験に合格した者に学位を授与する。学位授与の基準は下記のとおりである。

  • 生命科学分野における深い学識と高度の研究能力
  • 豊かな人間性と倫理性
  • 社会における解決すべき課題に対し、柔軟に対応し解決する「課題発見・探求能力」

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

生命科学研究科では、最先端の研究活動を通じて、生命科学領域における広範囲な基礎的・先進的知識と技能を修得させ、さまざまな課題に対して柔軟な「課題発見・探求能力」を持つ人材を育成する。文章作成力と自主性を養うために、年度ごとに研究計画書を作成させ、プレゼンテーション能力や論理的思考力等を培わせるために、研究成果発表を推奨する。また国際的にも活躍できる人材の育成を目指し、博士前期課程では英語(English for Advanced Studies)を必修科目としている。

入学者受入方針(アドミッションポリシー)

生命科学研究科の基本理念・目標

生命科学研究科の大学院教育では、ヒューマニズムの精神に基づいて、生命科学領域における広範囲な専門知識と応用力を有し、社会における解決すべき課題に対応し、かつ課題を発見・探求し得る「課題発見・探求能力」を持つ人材の育成を目的とする。具体的には、生命科学の真理を探求する研究、疾病の原因を理解し治療に応用し得る基盤的研究、生物学の応用や環境保全研究等を通じて、生命科学領域で中核となる研究者・技術者を養成することを目指す。

生生命科学研究科が求める学生像

  • 生命科学分野で研究者・技術者として社会に貢献したいという強い意志のある人
  • 豊かな人間性を養うために積極的な自己研鑽に励む人
  • 相互理解のための表現力・コミュニケーション能力に優れている人
  • 基礎学力があり、高い勉学意欲のある人
  • 国際的な視点と倫理性を持った教養の高い人
  • 自ら果敢に新たな分野の開拓等に挑戦する人