学科の特徴

くすり・遺伝子・細胞・脳など、生命をささえるしくみを学びます。
化学や分子生物学などの基礎学問を基盤とした先端科学の研究を通して、科学・技術の発展と社会に貢献できる人材を育成します。

分子生命科学科のキーワード

  • 脳科学
  • 分子・細胞の機能
  • 医薬品開発
  • 分子計算

理学と薬学にまたがる研究領域。研究者、「できる」社会人を育成

基礎科学を大切にし、分子生物学や化学、物理学、数学を使ったアプローチにより、感覚や行動、細胞の仕組み、遺伝子やタンパク質の機能の解明から、薬分子のデザイン・探索・化学合成まで、多彩な研究を行っています。

化学と分子生物学を中心に基礎を固める1・2年次

医療や食品、環境など、社会のいろいろな所で生命科学の知識や技術が必要とされています。基礎科学の中でも特に"生きた分子の科学"の代表である化学や分子生物学に力を入れ、科学の基本を身につけます。

幅広い選択科目:自由に興味を伸ばす3年次

興味に合わせて応用生命科学領域も医科学領域も自由に学ぶことができます。興味を深め、専門知識を身につけ、プロの研究者や技術者、教育者…様々な分野で活躍する人となるための礎を築いて4年次での卒業研究に進みます。

分子生命科学科の特徴

最先端の研究:学んだ知識で問題解決能力を高める4年次

学術分野や企業で活躍するためには、知識を知恵として活用する能力が必要です。
その力を、シナリオのないオリジナルな卒業研究で伸ばします。興味に合った最先端研究を通して、プロの研究者になるべく大学院へ、 社会へと羽ばたきます。

分子生命科学科の特徴