タンパク質は何をしているのか、どう使えるか

山岸明彦
分 野
応用
発表者
山岸 明彦 助教
概 要
 タンパク質というと、人の体に必要な栄養素であることは誰もがしています。さて、だけどそれはなぜなのでしょう?
 人の体の約20%はタンパク質でできています。人の遺伝子がなぜ大切かというと、遺伝子はタンパク質の設計図だからなのです。
 いま、タンパク質を自由にかえられる様になっています。将来、タンパク質でナノマシンを作る時代がやってくるかもしれません。
コメント
講師は蛋白質工学の第一人者です。
対 象
高校生
英語による講義
研究室
極限環境生物学
資 料