光合成 -物理、化学、生物学の連携分野-

都筑幹夫
分 野
生物
発表者
都筑 幹夫 教授
概 要
 光合成は、光受容から高エネルギー化合物を経て、生命活動に必要な有機化合物を作るまでの、エネルギーと有機炭素獲得の生命現象です。
 光の物理学、高エネルギー化学結合や化学物質の反応、それを行う場としての葉緑体、そして植物というように、物理学、化学、生物学さらに最近では工学にまで広がっています。
 シアノバクテリアから葉緑体に至る生命の進化、地球の歴史も興味深いところです。
 自然科学の視点を広げるテーマです。
コメント
生物学で学ぶ光合成は物理や化学につながるテーマ。
対 象
高校生
英語による講義
研究室
環境応答植物学
資 料