教育活動

第20回海外特別研修日誌(2018年)

 

今日はみんなで午後、日立化成アメリカを訪問しました。入ってすぐにお水を頂きました。日本人の方々がそこで働いており、ディレクターの小川さんがプレゼンテーションをしてくださいました。パワポを使って丁寧に説明してくださり、分かりやすかったです。実際に研究している部屋も見せていただきました。自分たちも実習を行なっているだけあって、みんな興味津々でした。

 

  

 

 

 

今日は授業で他の国の人とコミュニケーションをとる機会があり、他の国の人と英語で話せていることがとても嬉しかったです。午後はカンバセーションパートナーと一緒にピザを作りました。とても楽しかったです。(N)

 

 

今日は、UCI medical centerの見学に行きました。敷地内の見学ツアーと、薬剤師の方々によるアメリカの薬剤師の職業上の役割についてのプレゼンテーションを聞きました。医療系の専門用語が多く出てくるので理解するのが大変でしたが、とても興味深い内容でいい刺激になりました。また、このような大きな病院内での仕事の様子を見学できる機会は日本でもなかなか無いので、参加できて本当によかったです。(M)

 

 

薬剤師の役割は(書き取れた範囲ですが)医療現場での協働者(医師、看護士、テクニシャン等との)、薬の使用に関するエキスパート、薬剤情報のスペシャリスト、調剤の管理者、薬を患者まで届ける責任者、薬剤処方をする医師の補助者、薬剤研究調査の協力者、経験の浅い薬剤師と一般の人にとっての薬の教育者、薬剤に関しての患者のためのカウンセラー、、、とこんなにたくさんあることがわかりました!多様な業務を行うために長い教育期間(大学4年、教育とトレーニングにさらに4年程度)が必要なこともよく理解できました。薬剤の準備がロボット化されているところや、静脈注射用の薬剤はとても厳しい殺菌された環境のなかで準備されているところも見学させてもらいました。(H)

 

 

      

Today we went to a park with my host family and their relatives to celebrate Elissa’s acceptance of a university.

(Elissa is a girl living in CA.) With these wonderful people and delicious cuisine, it was the best day I had ever spent.

 

今日はカリフォルニアに来てから初めての週末でした。ELISSAというCA在住の女の子の大学祝い合格パーティーをしました。私たちと、ホストファミリーと親戚の方々など勢揃いで公園で食事を楽しみました。

とても素敵な1日となりました。(T)

 

 

今日はとても楽しみにしていた、カリフォルニアディズニーアドベンチャーに行きました。日本にはないアトラクションや見慣れないキャラクターのグッズが沢山あったのでアトラクションに乗ったり、お土産を見たりと、大忙しでした。

 日差しが強くてアイスがとてもおいしかったです!(F)

 

 

 テレビの歴史ドキュメンタリーでちょうどウオルト・ディズニーがどのように事業を始め、多くの困難のなかで継続し、今の一大産業を作り上げたかレポートしていました。Cartoon(漫画)としてしか見られていなかったアニメを芸術の地位にまで押し上げようとした彼の執念が描かれていました。とても勉強になりました。(H)

 

参考 https://www.businessandleadership.com/leadership/item/walt-disney/

 

 

アメリカに到着して最初の週末です。新しい環境のなかでホストファミリーと多くの時間を過ごしたかと思います。多様なご家族との交流をどう感じたでしょう。明日以降にレポートをのせたいと思います。

 

 

今日は、たくさんの出会いがありました。
そのなかでも、お世話になるconversation partner のUCIの学生さんと顔合わせをしました。
これから長い時間ともに過ごすので、英会話力向上のためもそうですが、 なんといっても彼女たちのキャラクターがとても魅力的なので 積極的に話しかけ仲を深めようと思います!!
ここで、私が今日一番衝撃だったことを発表します!!
それは、UCIのランチでいただいたブリトーのアメリカンサイズです。
写真からは伝わりにくいかもしれませんが、まさに爆弾級の大きさでした。
I am full. (H)

 


 

 

猛暑のなか、参加者15名と引率教員2名、そして支援の方々が皆成田空港に到着しました。電子チケットを受け取って航空会社にチェックイン(だれも重量超過はありませんでした!...今のところは✌)全員で記念撮影後、出国手続き、乗り込みとなりました。

 

 

 

十数時間のフライト後、全員元気にアメリカの入国審査に向かいました。機内でも審査のための受け答えを予行演習している人がいたり、準備もしっかり、スムーズに入国審査も通りました。が、相変わらず混雑のロスアンジェルス空港で、手続きに2時間近くかかりました。お出迎えのJTBの水野さんの案内でバスでアーバインに出発!バス内でもアメリカ生活への諸注意を受け、とうとうカリフォルニア大学アーバイン校に到着です。

 

 

   

 

 

カスタムデザインプログラム(特別に組まれたプログラムで、本学もお願いしています)マネジャーのKarl Kottmanさんのお出迎えを受け、ホームステイの諸注意を受けた後、待ちかねたホストファミリーの方々に迎えていただき、全員それぞれのご家庭に向かいました。長い長い一日、お疲れ様でした。ちょっぴり緊張の一日目でしたが、よく休んでください!

 

 

 

 

2018年度生命科学部海外特別研修の出発前の数度の説明会と事前英語研修がすべて終了し、7月18日に結団式が行われました。井上英史生命科学部長、引率の原田浩徳先生、星野より出発前の注意や励ましを、そして団長に志願してくれた服部綾萌奈さんから決意表明がありました。参加の皆さんには、期末試験を無事終了し、8月2日の出発日には元気に集合してください。パスポートを忘れずに!

 

  

ページ

RECENT POSTS