教育活動

第20回海外特別研修日誌(2018年)

8月13日 Bio-Molecular Topics

とうとう海外研修最後の週となりました。最後まで気を引き締めて英語の勉強を頑張っていこうと思います。 まず、1時間目の授業ではTaiChiの効果について個々が作成したポスターを用いて小さなグループ内で発表をするということを行いました。最後の授業ではみんなの前でプレゼンをすると先生から聞いたので良い練習になりました。

 

2時間目の授業では語彙の勉強をしました。スマートホンのアプリを使いゲーム感覚で英単語の習熟度を確かめました。スクリーンに自分の順位が映し出されるのでとても熱くなりました。 午後はRiann EgusquizaさんによるBio-Molecular Scienceに関するプレゼンを聴きに行きました。内容は内分泌攪乱物質の研究やPCBという化学物質による人体への悪影響の研究などについてでした。専門的な内容で、さらにネイティブの英語で話されたため理解するのが困難でした。しかし、Riannさんの素晴らしいプレゼンはとても良い刺激となり、より生命科学の知識をつけ、いつか立派なプレゼンを披露できるようになりたいなと思いました。(K)