在学生の声

高校とは違う本格的な専門を学べる大学

安藤 兼那太 さん

応用生命科学科 1年

 私は専門知識を学ぶとともに、豊富な実験実習が行えるということでこの大学を選びました。高校時代は、実習といっても一年に数回で、先生の指導のもと全員で一つの作業を行っていました。しかし、生命科学部では実習は週2回、午後全てを使って、しかも2、3人一組で行っているため、充実した実験が行えます。さらに、毎週レポートが課題として求められます。レポートでは予想どおりの結果が得られなかった時、何故そうなったのか考える必要があります。そのため、他の人と相談したり調べたりして原因を考察します。時間もかかり簡単ではありませんが、今まで生物や化学で勉強したことを実際に体感できるので、うまくいくととても面白いです。

 ここで修得した専門知識と技術を活かして、私は将来、生命科学に関係した仕事に就きたいと思っています。そのため、今の基礎的な勉強に取り組んでいます。