在学生の声

原田 啓生 さん

金属に結合するタンパク質について研究しています。〜 ゼミ・研究室に積極的に関わっていくことが大切! 〜

応用生命科学科4年(極限環境生物学研究室)

 私は一年生のとき、現在所属する極限環境生物学研究室の山岸先生のゼミを選びました。ゼミではタンパク質の構造とタンパク質工学についてのPBLを行いました。PBLはある課題を設定し、その課題を解決するために自ら学習するというものです。

 このゼミに加えて通常講義でもタンパク質について学び、タンパク質に興味を引かれ、私は極限環境生物学研究室で金属に結合するタンパク質について研究しています。タンパク質はアミノ酸がたくさんつながったもので、つながっているアミノ酸の数や種類、順番によって種類が異なり、さまざまな働きをします。このタンパク質を作り上げているアミノ酸の種類や並び順を変えて、どのタンパク質が金属によくくっつくかどうか調べています。

 研究は大変ですが、先生方に助けていただき、先輩方にも優しくしていただき、この研究室に所属してよかったと思っています。ゼミを選んだ理由は宇宙に生命はいるかという話に惹かれただけで大きな理由はありませんでした。少し気になったというだけでも積極的に関わっていくことは大切だと思います。