卒業生メッセージ

都民の安心と安全を守る

渡部 隆哉 さん

平成23年 環境生命科学科(現応用生命科学科)卒業
(環境ストレス生理学研究室、現・環境応用動物学研究室)
平成25年 大学院修士課程修了 (環境ストレス生理学研究室、現・環境応用動物学研究室)
東京都福祉保健局健康安全研究センター 広域監視部 建築物監視指導課 ビル衛生検査担当

 環境衛生監視員の主な業務は、環境衛生に関係する施設(床屋さん、美容室、銭湯など)に対して、適切な衛生状態で運営しているかを監視、指導を行う仕事です。その中でも、私が現在勤めている建築物監視指導課は、特別区のビルを専門に監視指導する部署です。ビル内の空気環境や飲料水が、適切な衛生状態に保たれているかを検査しています。我々の仕事が、ビル内で仕事をする方々の環境衛生向上に関わることに責任を感じる共に、やりがいを感じています。自分たちが都民の方々の安心と安全を守るということ常に自覚し、さらなる環境衛生の向上目指し、日々職務に励んでいます。研究生活では、仕事を進めていくうえで重要なことを学びました。研究成果を出すには、自分一人で研究を進めてもうまくいきません。周りの先輩や先生方に報告、相談し、実験手法を検討することで、解決策を見出してきました。こうした経験を活かし、仕事上で困難な課題が生じた時も、先輩、上司と一丸となって解決するよう取り組んでいます。研究生活を共にした先輩、先生方とは今も付き合いがあり、よく食事をしたりします。これらのつながりは、生涯を通じてのかけがえのない私の宝物となっています。みなさんもぜひ、仲間と共に研究に励み、充実した研究生活を送っていただければと思います。