在学生の声

農薬メーカーで研究しながら博士課程に入学 〜受験生のみなさんへ〜

松本 寛子 さん

大学院博士課程 1年
(日本農薬株式会社 研究開発本部 安全性・医薬ユニット 毒性・薬理グループ 勤務)

博士課程に入学して

 私は2007年に生命科学研究科修士課程を修了し、現在農薬メーカーの研究職として勤務しながら、博士後期課程に在学しています。卒論および修士課程では環境浄化作用であるバイオレメディエーションについて興味を持ち、微生物の新たな機能について学びたいという一心で環境応答生物学研究室(現環境応答植物学研究室)にて研究を行いました。研究室はアットホームで楽しかったのですが、研究はなかなか思ったようにいかず、結果を得るために夜遅くまで検討を続けたりと、楽しさ半分、大変さ半分だったなと記憶しています。

 卒業後は、農薬メーカーにて動物や細胞、環境生物を用いた農薬の安全性研究に携わっています。最近では仕事にも慣れ、新しい研究テーマを任される立場となりました。上司や先輩に助けられていますが、新しい研究を組み立てるのは難しく、大学で研究者として専門性や研究を遂行する力をもう少し身につけておけばよかったと思っていました。そのような矢先、大学と会社の協力をいただき、在職しながら博士後期課程として入学させていただくことになりました。現在は、休暇等を利用しながら会社と大学の両方で研究をさせていただいています。大学では研究室で実験を教わったり、ディスカッションをしたりと懐かしくもあり新鮮な研究生活を送っています。自分の好きな研究テーマを見つけることができ、研究者としての礎を築けた東京薬科大で新たな研究生活を始められたことに感謝し、博士号取得に向け努力していきたいと思っています。

受験生のみなさんへ
みなさんは東京薬科大生命科学部のどのようなことに興味を持ちましたか? 私はバイオや環境系に興味を持ち、これらを体系的に学びたいという希望に合致したのが日本で最初の生命科学部である本学でした。生命科学部での講義や実習は生物、化学、物理全般を網羅した内容であり、また卒業研究を通じ得られた能力は企業の研究職としても非常に役立っています。自由な風土のためそれぞれの個性を活かせ、将来色々な可能性を見いだせる大学だと思っていますので、ぜひ東薬でみなさんの可能性を広げてください!