在学生の声

微細藻類という面白い生物で研究をしています

青田 侑生 さん

修士課程1年(環境応用植物学研究室)

 私は高校生の時図書館で、オゾンホールに関する本を読んでから環境問題に興味を持ち始め、生命科学という生物が関わる様々な事が学べる応用生命科学科に入学しました。

 私が所属している環境応用植物学研究室は、微細藻類という光合成をする微生物を用いて研究をしています。私はChlorella kessleri 11hという緑藻を使って大量培養の研究をしています。微細藻類は現在、CO2を固定することで得られる産物をバイオ燃料や食料、医薬品、化粧品などへ利用するために大量培養が期待されています。そこで、日本で大量培養ができるように、従来の培養方法よりも多くの細胞を回収することを目標として毎日実験や培養装置の改良をしています。

 今後は、今の研究を進め、微細藻類の大量培養によってエネルギー資源問題や環境問題の解決に少しでも貢献できるよう、頑張っていきたいと思います。