在学生の声

大松 亮太 さん

微生物の研究と就職活動を行う上で優れた環境

応用生命科学科 3年(応用微生物学研究室)

 私が環境ゲノム学科に進んだきっかけは大きく二つありました。一つ目は、微生物や環境の変化に対する生態・生理学的な応答に関する知識をより深めたい、研究したいと考えた事。もう一つは、就職活動をする上で、配慮させた対応と優れた環境であると感じたためです。大学三年生での1年間は、将来の土台作りであると思います。そのため、四年生の研究に向け、また、今後のことをしっかり考え納得できる1年にできるよう身を引き締めたいと思います。