在学生の声

企業と共同研究:高温固定床式メタン発酵槽の菌叢解析

堤 万穂 さん

修士課程1年(生命エネルギー工学研究室)

 メタン発酵は生ゴミや生活排水などのバイオマスから、都市ガスの主成分であるメタンを含むバイオガスを生成するシステムです。またメタン発酵は石油のような化石燃料を使わないため、代替エネルギーとして注目されています。

 鹿島建設 技術研究所では担体に高密度に微生物群衆を保持し、メタンガスを高速に生成できる高温固定床式メタン発酵を開発しました。しかしどんな微生物がメタン生成に関与しているのか全貌は明らかになっていません。

 そこでメタン発酵槽内の微生物群衆から抽出したゲノムDNAをメタゲノム解析という手法を用いることで、微生物の菌叢と微生物の機能解析を行っています。

(鹿島建設 技術研究所で働く先輩からのメッセージはこちらにもあります。)