在学生の声

浅川 航輝 さん

他の大学ではできない、自分だけの研究テーマに取り組むことができます。

応用生命科学科 4年

自分1人の力で、テーマを深め研究を進めて行く。
 4 年次になって大きく変わるのは、講義の時間が大きく減り実験が増えることです。3 年次までは週に2 回程度ですが、4 年次では毎日研究室で実験を行っています。実験への取り組み方も変わります。3 年次までは「班単位」で、メンバーみんなで考えながら実験などを進めて行きますが、4 年次の実験は、自分1人で考えながら進めて行きます。元々実験が好きだったということもあり、今はとても楽しいです。また3年次までに学んだ知識や実験の手法などがジグソーパズルのピースが完成するように組み合わさり、「あのとき学んだことはこのためだったのか」と理解できる瞬間があるところにも楽しさを感じています。実験前に考えた通りの結果がなかなか出ず、失敗することも多いですが、なぜ失敗するのか、どうすればプロセスを改善できるのかを考え、期待通りの結果を出せたときには、頑張ってやってきて良かったと思います。また、先生の指導に自分なりの工夫を加えて実験が成功したときには、楽しさとやりがいを感じますね。来年は大学院へ進学します。今所属している環境応答植物学研究室で行っている研究をさらに深めて行き、その後は企業などの研究職に就くことを考えています。この大学で学んだことを活かして、社会に貢献できるような仕事をしていきたいと考えています。

藻類の研究を通じ応用生命科学・生命医科学の専門科目を多地球環境を考える。
 高校時代に見たニュースで環境問題への意識が高まり、大学では生命科学を学ぼうと決めました。藻類を活用して二酸化炭素を固定したり燃料として活用し、環境問題の解決に役立てるという研究になぜか心を惹かれ、そのことを学べる大学を探しているとき、高校の担任の先生から応用生命科学科の「環境応答植物学研究室」があることを聞き、自分もそこで研究をしたいと考えてこの大学を目指しました。そして現在、希望の研究室に入り、研究をしています。今取り組んでいるのは「円石藻の石灰化」についての研究。円石藻という藻類は、細胞の表面が「円石」という炭酸カルシウムでできた円盤状のものに覆われているのですが、その円石を形成する遺伝子の働きに注目し、遺伝子の働きを抑制した場合、円石の形成に影響があるかどうかを調べています。今は基礎的な仕組みについて調べている段階ですが、基礎が確立されれば、材料化学などの分野への応用も期待でき、地球環境の改善に役立つ可能性もあるのではないかと考えながら、毎日実験を行っています。