在学生の声

ユースの国際会議COY11 TOKYOに参加しました

有村 悠子 さん

応用生命科学科 2年

 2015年11月26-28日にオリンピックセンターで開催されたCOY11 Tokyoに、運営スタッフとして参加しました。この国際会議についてご紹介します。

 COY11とはConference of Youthの略で、気候変動枠組条約(UNFCCC)が公式アドバイザーとなり、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)の直前に開催されるユースの国際会議です。今年のCOP21はフランス、パリで開催されたためCOY11はパリがホスト国となり運営企画を行いました。そして今年のCOP21は京都議定書につぐ非常に重要な会議であるため、COP21のユース会議であるCOYもまた重要な位置づけとなりました。”COY is everywhere”のコンセプトのもとパリで開催されたCOY11と同時期に世界9カ国(フランス、カナダ、ブラジル、マダガスカル、モロッコ、ベナン、ニューカレドニア、インド、日本)でLocal COYが開催されました。その中のEast Asiaの代表国として東京が選ばれました。それがCOY11 Tokyoです。

 また、企画の一つである My thesis in 180 seconds に東京薬科大学の3人の院生の方々が登壇者として参加して下さいました。環境応答植物研究室に所属されている修士1年の越阪部紗織さん、櫻田舜人さん、そして生命エネルギー工学研究室の北山実穂さんです。これは環境に関連した研究を行っている方がご自身の研究内容を180秒以内で発表するというものです。また、インドと中継し、2カ国共同で行いました。越阪部さんは、”Algal technology against gloval warming”-藻類の技術で地球温暖化を救うというテーマで、また櫻田さんは、”Algal calcification”-藻類の石灰化、北山さんは、”Gleen electricuty”-グリーン電気というタイトルで発表して下さいました。発表のあと、櫻田さんに”これら藻類が持つ利点をどういうふうに活かしていけるのか?"と言う質問があり、”本来ならば、すべてCO2として排出されてしまうこところを藻類を用いると、循環させることができるため、CO2排出量を削減できる。これら、藻類は大きな可能性を秘めている"と答えてらっしゃいました。

 私はCOP21に日本のユースとして参加するため、7月にプロジェクトチームに入り、ウェブサイトの作成やメディアを担当してきました。しかし、COP21の直前に起こったパリ同時テロの影響により、渡航が中止となったため急遽、COY11 Tokyoのスタッフとして運営のサポートをしました。渡航中止の連絡を受けたときは本当に悔しくやりきれない思いが立ちこめていましたが、運営スタッフとして参加したこのCOY11 Tokyoを通して視野を広げるとはまさにこういうことなのだと実感した4日間でした。レベルの高い参加者や実行委員会のメンバーに囲まれ自分の英語力不足をひしひしと感じ、気候変動問題に真剣に取り組む同世代のユースに圧倒されました。今回の経験を”体験"として終わらせるのではなくこれからの将来に活きるものにするために日々努力していこうと強く感じました。