在学生の声

宮本 拓哉 さん

「自己を見つめ直した製薬企業への就職活動」

応用生命科学科4年(環境応答植物学研究室)
アステラス製薬株式会社 内定

 私は就職活動において「自己分析」「自己表現」の2つを意識していました。「自己分析」は自分の長所や短所、価値観等の再確認からはじめ、志望した製薬業界での仕事に大変でも自分がやりがいを感じ情熱をもって働けるのかを日々自問自答し続けました。そうすることで志望動機や自己PRにより一層自分の想いが具体的に伝えることができたと思っています。2つ目の「自己表現」はエントリーシートや面接において自分という人間がしっかりと相手の人事の方に伝わるよう意識していました。1つの企業にエントリーシートは1枚、面接は2〜3回で1回あたりの時間は30分程度と非常に短い時間です。その中で自分を出し切り一回一回後悔の無いものにしていくことで納得して選考を受けることが出来ました。最後に就職活動の相談にのっていただいたキャリアセンターの皆様や先輩方、不安な中励まし合い一緒に頑張ってきた仲間に本当に感謝しております。ありがとうございました(東薬ニュースレター 2016.1号より)。