私立大学研究
ブランディング事業

〜 創薬化学により人類の福祉と健康に貢献する東京薬科大学 〜
健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成

東京薬科大学の「健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成」が、平成29年度私立大学研究ブランディング事業に選定されました。

健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成

東京薬科大学は、1880年創立の我が国最初の私立薬科大学です。以来、

病からの解放を願う素朴なヒューマニストたれ!
優れた薬の開発にむけて、われわれの努力の花を咲かせよう!

を共通理念とし、多くの人財を基礎研究や医薬品業界の場に輩出し、医療や創薬に貢献してきました。

現在、東京薬科大学は「ヒューマニズムの精神に基づいて、視野の広い、心豊かな人材を育成し、薬学並びに生命科学の領域にておいて、人類の福祉と世界の平和に貢献する」ことを大学の理念として掲げています。この理念のもと、本事業では、東京薬科大学の二つの学部(薬学部・生命科学部)が協力してアカデミア創薬を目指した研究を展開し、人財を育成します。

創薬の流れ

健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成
  • 1創薬標的に関する研究
  • 2アッセイ系(試験方法)の開発
  • 3スクリーニング(活性物質の探索)
  • 4スクリーニングでヒットした化合物の合成展開
  • 5細胞・組織における活性評価
  • 6生体分子との相互作用解析、計算によるシミュレーション
  • 7候補化合物を最適化するための合成展開
  • 8薬理学的高次評価・薬学送達に関する展開

目標:開発化合物の企業への導出

主な参加研究室と創薬の流れにおける担当内容

関連リンク:
生命科学部 分子生命科学科医薬品開発プロジェクト