学科長から受験生へ

生命医科学科・学科長から受験生へのメッセージ

生命医科学科・学科長 深見希代子

将来自分はどんな事をしたいのだろう?そのためにどこの大学、何処の学部のどんな学科で勉強したら良いのだろう?まだまだ迷う年齢ですよね。

東京薬科大学生命科学部「生命医科学科」は、将来「医療分野や健康分野(衛生用品、化粧品、食品含む)で社会に貢献したい」ヒトにお薦めの学科です。

*アウトプットは創薬・治療

「生命医科学科」は、Medicine(医学・薬)を本気で科学する学科です。「病気を知る・病気を治す」を目的として、がんや免疫疾患、皮膚疾患、神経疾患、循環器疾患などの難病発症のメカニズムを解明し、原因遺伝子をターゲットにしたお薬の開発に繋げようと考えています。近年、非常に優れた分子標的薬が開発されて、これまで治らなかった病気も治る様になってきています。さあ、あなたの発見を医療の現場に繋げてみませんか。

*柔軟な思考性を大事にします

「サイエンスは遊び心」。子供の頃の ”何故だろう”、 ”こういうことができたら良いなあ” “こんなのがあったら便利でいいなあ”を形にしていくことです。そういったユニークな発想こそが研究の原点。そのためには広い知識を横断的に活用することが大切です。これは研究に限った事ではなく、将来社会での様々な難しい状況でも対応できる能力です。充実した教育•研究環境の中で真摯に切磋琢磨することで、成長が実感できると思います。

*あなたが主役、未来の生命医科学

さあ、生命科学を学んでみましょう。迷っていたら、“この指と〜まれ〜”。

学部入試情報|生命科学部入試概要

https://www.toyaku.ac.jp/admissions/info/info-lifescience