カリキュラム

生命科学と医療現場をつなぐ研究者と技術者の育成

 医師としての臨床経験を持つ優秀な教授陣を新たに迎え、基礎研究から臨床研究へと幅広く学習する体制を整えています。新しい治療法の確立や検査法など医療の現場へ繋がる研究者と技術者を輩出しています。

医学部での卒業研究

 興味に合わせて応用生命科学領域も医科学領域も自由に学ぶことができます。興味を伸ばし、専門知識を身につけ、プロの研究者や技術者、教育者…様々な分野で活躍する人となるための礎を築いて4年次での卒業研究に進みます。

先端医学を学ぶための特色ある講義

 がんや神経変性疾患などの難病や、老化、再生医学などの最先端のトピックスを扱う講義を数多く開講しています。現代医学の様々な問題点を、各分野のエキスパートがわかりやすく解説します。

医療業界をはじめとし、食品業界など多彩な進路

 医療業界の他に、食品・化粧品・情報産業など多彩な進路が広がっています。今や医科学は食品業界や化粧品業界など、多種多様な業界において必須の学問になっています。本学科での知識を基に活躍の場が広がります。

生命医科学科カリキュラム

ピックアップ講義

発生再生医学

発生再生医学

本講義では、ヒト幹細胞の生物学・再生医療の現状と課題に関して紹介します。個体発生に秘められているヒトの進化の歴史(系統発生)にも思いを馳せながら、発生学の不思議さ面白さを感じる事ができます。

感染医科学

感染医科学

近年、医学・医療は飛躍的な進歩をとげたにもかかわらず、感染症はいまだに人類にとって脅威です。本講義では微生物学を基盤とし、病原体についての基礎知識と宿主による生体防御機構について概説します。

感染医科学

姉妹校である東京医科大学と連携した教育プログラムです。東京医科大学の各教員がオムニバス形式で集中的に講義を行い、多様かつ専門的な医科学分野の知識の習得と今後の課題について学習します。

実習

生命医科学科の実習では、生命科学研究を進める上で必要な基礎的な専門技術の習得に加えて、将来、医学・医療の推進に役立つ技術を体験します。
以下は24年度に生命医科学科所属の研究室が担当した実習の一部です。

平成24年度 実習の一例

基礎生命科学実習 Ⅰ

生物C:DNA の単離と(Tm)の測定
担当:深見・中村・佐藤(礼)

遺伝情報を保存し子孫に伝達する働きをもつ生体高分子であるDNAを自らの手で単離し、その物理的性質の一端を理解することを目的としています。まず、サケ精子からDNAを抽出・精製します。自ら単離したDNAを吸光度測定法により定量した後、熱処理によりDNAが2本鎖から1本鎖になることを吸光度の変化を調べることで学びます。

基礎生命科学実習 Ⅰ

基礎生命科学実習 Ⅱ

免疫
担当:田中(正)・浅野・西躰

マクロファージは体内に侵入した病原体を感知すると、その病原体を貪食する一方、炎症を引き起こします。本実習では、グラム陰性細菌の細胞壁構成成分であるLPS(リポポリサッカライド)でマクロファージを刺激し、培養液中に産生される炎症性サイトカインTNFαをELISA法により定量します

基礎生命科学実習 Ⅱ

医療計測
担当:渡部・伊東・佐藤(健)

自分の体が健康か病気かどうかを調べる臨床検査への興味が深まる実習です。体内の動脈硬化の評価、血液中の酸素飽和度や骨密度の測定、血液型、血清タンパク質濃度の測定といった医学部と同じ実習を行います。またヒト赤血球を用い活性酸素を発生させ、薬剤によって消去するといった生体防御機構を科学で理解する実験も行います。

基礎生命科学実習 Ⅱ

ミトコンドリアのATPase 活性測定
担当:谷・馬場

細胞はさまざまな活動に利用するエネルギー源であるATPを呼吸によって得ています。このとき重要な役割を果たしているのがミトコンドリアです。ラットの肝臓からミトコンドリアを調製し、ATP合成酵素の活性を測定します。

基礎生命科学実習 Ⅱ

膜タンパク質のモノクロナール抗体による免疫沈降 とウエスタンブロット解析
担当:内田(宏)・福原

タンパク質の生化学的な解析手法を習得する事を目的としています。タンパク質や抗体の特性、扱い方、染色法、検出方法の原理も理解し、研究室で開発したモノクローナル抗体をつかい当該抗原の分子量推定を行います。

学科特別実習

ヒト血糖値の測定
担当:渡部・伊東・佐藤(健)

糖尿病の診断のために病院で日常行なわれているブドウ糖負荷試験を学生全員が自ら経験します。前夜から食事をしていない状態で、ブドウ糖75gを含んだジュースを飲み、ブドウ糖を飲む前および飲んだ後2時間まで血糖値の変化を測定します。結果を糖尿病の診断手順に照らし合わせ、自分が糖尿病の気があるかどうかを調べる人気がある実習です。

学科特別実習

細胞の観察
担当:内田(宏)・福原

1. 血液塗抹標本の作成と観察:マウスから心採血をおこない末梢血液を回収するとともに、メイギムザ染色ないしペルオキシダーゼ染色する。これを(1)接眼レンズの視度補正環による調整(2)視野絞りの芯出し(3)コンデンサーの調整(4)適切な絞りと照明の調整、をして観察をおこないます。

遺伝子多型
担当:柳・松下・福田・長島

ヒトの白血球抗原(human leukocyte antigen:HLA)には遺伝的個人差があり、臓器移植において拒絶反応を引き起こす主要な原因物質、すなわち主要組織適合性抗原として働いています。その判定にはPCR DNA 断片の増幅とその制限酵素切断断片の長さの違いが利用されている(PCR − RFLP法)。口腔内粘膜からDNA を調製してHLA タイピングの実際を学びます。

学科特別実習